スポンサーリンク

手を使って音の方角を推測する方法

突発性難聴で片耳が聴こえなくなってから
もうすぐ12年が経ちます。

両耳が普通に聴こえる人では
経験ができない聴こえ方を
日々経験しています。

もう当たり前ではありますけどね。

道行く時に聞こえてくる
救急車や消防車のサイレンの音、
どっちから聞こえてきているのかなんて
さっぱりわかりません。

これ結構、不便なんです。

向こうに遠ざかって行っているのであれば
気にせず通行できます。

けど、どっちから聞こえてきているのか
大まかな方角すらさっぱりわからないんです。

初めの頃は、そんな絶望的な状態に
泣きそうになっていました。

でも、聴こえないものは仕方ないので
方法を編み出しました。

「この音どっちから?」

そういう時は、
聴こえる方の耳に片手を当てます。

「え?」って聞き返す時の仕草、
ありますよね。

前方の音を拾うため
手で耳の後方を塞ぎ、前方を開きます。

逆に前方を塞ぎ、後方を開くと
後方の音を拾いやすくなります。

手の向き2パターン×首を左右に向けて
あらゆる方角の音を拾いやすくしてみて
どのポジションで、サイレンの音が大きく聞こえるか。

これで、大体の方角を推測することができます

応用編も。

家の中で携帯電話が行方不明になったときは、
上記の首の左右の動きに、上下の動きが加わります。

他の電話から自分の電話を鳴らして
頑張って探しましょう!

そして、次からは

必ずどこに置いたかをきちんと意識して
忘れないようにしましょう。

普段の置き場所をきちんと決めておきましょう。

参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする