スポンサーリンク

ホッと一息。美容院やカフェでチャレンジ。

昨日の娘の保育園の迎えの帰り道、自転車がパンクした。画鋲を踏んでいた。今時、道にそんなの落ちてるのね。どこで踏んだのかは判明してはいないけれど。

今朝は一旦車で送って家に戻り、それから自転車を押して、パンク修理してくれる店へ持って行った。片道35分。

そのまま最寄りの駅から電車に乗り、予約していた美容院へ。1年前の手術退院後、3度目。毛染めだけはこまめに通いたくて、近所の安い店に何度か通ったけど、シャンプーの時に術痕の皮膚を強く擦られたらしく(三叉神経麻痺のため感じないのでその場ではわからない)、その後瘡蓋が広範囲にできて嫌な思いをしたから、それからはそこの店には行ってなく。当たりたくないのはその店員さん(美容師さん?)だけなんだけも、指名できるわけでもないから避けた。しかもその人、保育園で見かける若いお母さん。私が去ろう。

ってわけで、少なくとも瘡蓋がとれるまでは美容院に行く気にもならず、根元が数センチ伸びてきてて、開頭した傷の内側の髪も染めてくれてなくて、そこ一帯に白髪が目立ってきて、髪もまとまりが悪くなってきたから我慢の限界で。美容院を予約したのが今日。

自転車パンクハプニングはあったけど、無事に行ってきた。サービスはやっぱり人が提供するものだなと実感。安心感。行きつけと決めてからまだ3年目だけど、やっぱり行きつけのお店のいつもの担当の人は安心。その人は半年ほど前に店長さんになった。やっぱり認められた人なんだなと。

そんなこんなで、髪も全てキレイに染まり、ボサ気味だった髪も軽くなり、思ったより早くフリーに。

迎えの前に自転車を取りに行くから、それまでは家には帰らない。パン屋さん併設のカフェに、好きなパンを選んで入り座り、なんとも食べにくいパンを食べた。ハンバーガーすら食べられなかった、開きの悪い口と、弱い噛む力。随分回復したなぁと、それでもまだ普通の人と比べたら食べ方汚いし遅いし、かっこ悪いけど、いい。生きてるだけでいい。病室で1人テレビに向かって食べるより全然いい。

毛染めリベンジと外でパン。

チャレンジ成功ってことにして、次のチャレンジは、PayPayだ。美容院が導入してたから、その場でアプリ入れてやろうとしたけど、支払い方法の設定に手間取り、見送った。設定完了までやっておいて、次見かけたらPayPay払いするぞ。

↑ソーセージの照り焼き味に、餅あん揚げパン。カロリー高いぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする