スポンサーリンク

大切な宝物

来週卒園を迎える娘が、園生活もあと10日というところで、登園拒否をするようになってしまった。

友達関係の悩みを抱え、三学期になってから辛い思いをしていたらしい。

ひゅくひゅく泣きながら、あんなことこんなことがあったと話してくれる娘がい愛おしくて、どうすればいいかを真剣に考えた。

明日こそはという意気込みは翌朝にはすっかり消えてしまい、このままでは解決するどころか、だんだん立ち直りにくくなると感じ、先生に相談。

そのタイミング、日々の子供や先生とのコミュニケーション、母親としての自分の言動や態度、最善を尽くせていたとはとても言えなくて、反省した。後悔はしたくない。けど、学べば学ぶほど、これまでの6年半の育児のやり方に、よくなかったと思える点が多々ある。過ぎてしまったことはどうするともできない。これからが大事。ここで気付けてよかったと思って、ここから日々を大切に、丁寧に向き合っていこう。

  • 禁止しない
  • 支持しない
  • 小言を言わない
  • これは私のルールにしたい。
  • 娘が、自立して自分の人生を楽しく行きていけるよう、親として、全力でサポートする。
  • この軸さえブレなければ大丈夫。
  • 私自身が自立できていないということなのかもしれない。
  • 自分がどう育てられてきたかも影響しているかもしれないけど、責任転嫁はしたくない。自分の人生は自分でつくっていくように、娘の人生は娘がい作っていく。そこにわたしはいい形で関わっていきたいな。
  • 病気のことや家庭の事情など、いろいろな問題はあったとしても、命があり、家庭があり、大切な人がいることは、幸せなこと。
  • 欲に溺れず、投げやりにならず、きちんと生きよう。
  • スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする