コンセプト

スポンサーリンク

このサイトのコンセプト

自分の実録です。

混沌の整理

シンプルに生きたいと思っているのに頭の中や心の内が混沌としているなんて理想には程遠い。自分の軸がブレていたら自分で自分を複雑化する結果となってしまう。混沌としている自分の内面から出てくるものを文字にして形にして残していく。きれいごとを並べるのではなくて偽りなく正直に。興味のあることは多くあり、好奇心も旺盛で、常に一つのことに集中しているわけではない。だから「雑多」となるわけだけど、例えば72歳までこのサイトを続ければ30年の自分を振り返ることが可能となる。42歳までの30年間は?12歳からの30年。記憶をたどろう。いろんな経験や失敗を積み重ねてきている。これからはそれを活かす。全然遅くない。大人になってまだ22年。まだまだこれから。

生きていると、感情が溢れそうになったり欲望に飲み込まれそうになったりして、自分を見失いそうになることもある。そういう状態で何日も過ごすことは望ましくない。断ち切るにも折り合いをつけるにも整理は必要。なぜ自分はそういう状態となっているのか?過程や行動や思いや考えを綴る。そうしたら整理できて解決できるかもしれない。

基本は単純でなんでも楽しめる自分のはず。そうでありたいはず。何かでバランスが崩れてしまって混沌とする。境遇に流されることなく自分を保ち順応していく。時代の変化に惑わされず自分が変わり適応していく。

理想の生き方の追求

  • 自分基準で「ストイック」に生きる。
  • 「心」と「頭」を使いニュートラルでオリジナルに生きる。
  • いつでも「ピュア」でいる。
  • 笑顔でいる。
  • 感謝を忘れない。
  • 意識は高く。

自分基準で「ストイック」に生きる。

(人にではなく自分に)理想を求める場合、ある程度の「ストイックさ」は必要なのではないか。「努力する」とはそういうこと。「頑張る」ことができないなら理想は手に入らない。何もしないで手に入ると思っている人なんていないだろう。問題なのは頑張り方。「努力=しんどい」と思っていてはダメ。自分が望むことに対する努力は「やりたいこと」で「楽しむ」ことができるはず。望む結果のためにその過程を楽しむ。

夢も希望もなければ目標も定まらないかもしれないけど「なんとなく」日々が過ぎていくのはもったいない。今日の1日をどういう風に過ごすか。少しずつの積み重ねが大きな成果となることはよく言われる。その「少しずつ」に繋がるのが今日の1日の中の少しの時間。ちゃんと意識して時間を「浪費」しないようにしたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする